<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 花 | main | 七五調 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

アオリイカ

ぼくは海が好きなので釣りも好きなのです。

先日イカ釣りに行ってきました。
生きたアジを餌にした防波堤からの泳がせ釣りです。
イカは結構どう猛で残酷なお方でございます。
餌を見つけると待ったなしです。
しかも基本的に生きてるものだけです。
墨がついてもだめです。
食指で捕まえるやいなやあっという間に遠くへ連れ去ります。
まるでどこかの国の工作員のようです(太平洋側でしたけど…)
硬いくちばしでいきなり後頭部ボリボリで息の根を止めます。
それから更に胴体をしっぽの付け根まで強烈な勢いで食べます。

餌のアジとしてもエサ屋の狭い水槽の中で合成飼料を与えられ
しばらく暮らした後、テグスをつけられて海に放され
不自由な上に突如頭をかじられたのでは到底成仏できません。
なんとはかない命の灯…。
アオリイカ側の気持ちとしては
『1年性なので効率よく栄養摂取しなければ交接産卵に間に合わないから
生きアジの頭かじってもいいでしょ』byアオリイカ…というところでしょうか。
そういう訳で釣られるとジェット噴射&墨吹き攻撃なんですかねぇ。
ぼくの勝手な解釈ですが。。。。。

とにかく釣れたアオリイカをシメて持って返って
さばいて刺身やイカそうめんにしたり、小芋と炊いたりして
すごくおいしくいただきました。
ひょっとすると待ったなしのなイカの上を行ってしまう
ぼく達でありました。
でも1尾100円もする餌を買ったのでそこはご容赦。
それにつけても割に合わないのは小アジの皆様でございます。
合掌。
因みにぼくの釣りは地磯を含めたおかっぱりが殆どの
しょぼしょぼビギナーズクラスなので大物は狙えません。
mugennokusari * - * 23:45 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:45 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ