<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 辛口ではない | main | アンダーワールド 2 エボリューション コレターズ・エディション >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

300 <スリーハンドレッド>

あごひげの長さがいい感じ。
手足の長さもいい感じだ。
クセルクセス1世の声の低さも良かったのでもっと喋って欲しかった。
半裸に赤いマントの裾を引きずって歩く姿やマントの留め金が右肩付近にずれているところが格好良く史実をモトにした映画であっても新しいヒーローのスタイルを観たような感じ。
CGをたくさん使ってスケールや劇画や小説で感じるイメージを比較的巧く表現することができるので違和感もあまりない。
暗めの映像処理は色調抑えめでCGと実写の境界を巧く隠して見やすかった。

実際、グラフィックノベルの映像転換は上手くいった。

こういう作品は時代考証や史実の制約がなければもっと奔放でスペクタクルになると思う。

オススメ度: 3

スパルタンを『メタボリック症候群』のにするとどんな感じかな。
mugennokusari * 観たぞ・聴いたぞ・触ったぞ!? * 13:07 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:07 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ