<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ??ホーーーーール | main | 新型PETボトル >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

海遊館(かいゆうかん、Osaka Aquarium KAIYUKAN)

ジェンツーペンギン

餌の時間になるとみんな水上に上がってきて賑やかだが食べ終わると優しく追い立てられて水の中に飛び込む。

オオサマペンギン

マダラトビエイ飛行中

太平洋を中心に「リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)」と「リング・オブ・ライフ(環太平洋生命帯)」を14の大きな水槽で表現している大規模な水族館。
イルカなど動物のショーは無く、純粋に水生生物を観察していく。
これ程の施設を維持するためには相当の費用負担を強いられるだろう。

ピラルク

ジンベエザメ

ジンベエザメはいつも水面近くの2〜3mぐらいの水深を泳いでいる。

大勢引き連れている

付いて回っている他の魚は「寄らば大樹の陰」で外敵を牽制している。

カタクチイワシ

じっとしているサメ

更にじっとしているサメ3匹。やる気ゼロ

マンボウびみょ〜に何かを訴えているような顔

巨大な太平洋大水槽が支柱のように建物の中心に配されておりその周りをぐるぐる回りながら様々な角度から観察する仕組み。
周囲にある他の水槽も同時に見ていくことができ、水面付近の様子から水中まで同じ水槽を別の深さで何度も観察できる。

家政婦は見た!(笑)

見ーてーるーだーけー。シャッターチャンス

さいなら〜(クエ)

水槽に使用されている透明なアクリルは60cmもあるらしく時々継ぎ目が見えるがどうやってシームしてあるのかわからない。

タカアシガニ

タカアシガニ海遊館最大個体

クラゲふわふわ

水族館は水槽の表面に景色の写り込みを避けるため館内は薄暗くしてあり、水槽の方に照明がある。
こいうところにいると目も楽で、空調も利いており、青い水槽内を目で追える速度で動き回る水生生物を見ているとイヤされた気持ちになるのは当然だろう。

ピカピカ光っている

ジンベエザメのオブジェ接写

海遊館の外観。この色にはテーマがある

天保山マーケットプレースの大観覧車

夜はこう見える

営業時間・休館日

◆海遊館の営業時間 AM 10:00 - PM 8:00
  ※入館は閉館の1時間前までです。
  ※季節により変動します。

◆海遊館の休館日 
  ※2007年は
    1月9日(火)、10日(水)、11日(木)、2月21日(水)、22日(木)、6月27日(水)

 通常期 AM10:00-PM8:00
 春期および秋期の特定期間、夏休み期間AM9:30-PM8:00
 ゴールデンウィークおよびお盆期間AM8:30-PM8:30
 休館日(2007/1/9・10・11、2/21・22、6/27)

◆入館料 ※金額はすべて税込みです。
大 人 (高校生または16歳以上) 2,000円
こども (小中学生)         900円
幼 児 (4歳以上)         400円

交通アクセス

大阪市営地下鉄 中央線「大阪港」駅下車徒歩5分
   ※JRからは、環状線「弁天町」駅で中央線に乗換です。
   ※京阪神各地からは、OSAKA海遊きっぷがお得です。
大阪市バス「天保山」下車すぐ
    ※大阪駅からは88系、なんば駅からは60系で「天保山」行き
JRゆめ咲線「ユニバーサルシティ」駅下車、シャトル船で約10分
阪神高速湾岸線・大阪港線「天保山」ICより約5分

道路情報・駐車場

阪神高速湾岸線・大阪港線の「天保山出口」からすぐです。

▼各方面からのコースと所要時間
 神戸方面から 阪神高速神戸線京橋ICから湾岸線経由で約45分
 宝塚・中国道方面から 中国自動車道→阪神高速池田線池田ICから約35分
 京都・滋賀方面から 名神高速道路→阪神高速池田線豊中ICから約30分
 奈良方面から 第二阪奈道路→阪神高速東大阪線水走ICから約30分
 三重方面から 西名阪自動車道→松原JCTから阪神高速松原線で約30分
 関西空港から 空港連絡橋→りんくうJCTから阪神高速湾岸線で約40分
 和歌山方面から 阪和自動車道→関西空港自動車道→りんくうJCTから阪神高速湾岸線で約35分
mugennokusari * どっか行って来た! * 15:54 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 15:54 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ